紫外線ケアは年中やらなきゃいけないって知ってる!という方にも
再度おさらい♪


紫外線について意外と知らなかった特徴や
日焼け止めが与える肌へのダメージなど、もう一度 再確認することで
しっかり紫外線対策ができます。

あとで後悔しないためにも
紫外線と日焼け止めのことを もう一度おさらいしておきましょう。

意外と知らない!紫外線の特徴

春から夏は紫外線が強いから日焼け止めをしっかりと塗ってケアする!という方、真冬でも紫外線によるお肌の老化が進んでいるって知っていましたか?


紫外線は季節や天候を問わず、常に地上に降り注いでいます。

紫外線によるダメージは着実にお肌に蓄積されていくため、真冬であっても、年間を通して紫外線ケアが大切です。

紫外線と肌に与える影響とは

紫外線といえば太陽光ですね。紫外線は波長の長さにより3種類に分けられており

  • A波(UVA)
  • B波(UVB)
  • C波

があります。地上に届く紫外線はA波とB波で、日焼けを起こすのはB波です。A波は肌の深層にまで届くことが特徴で、肌が老化する原因を作ります。

日光を浴びると、紫外線からお肌を守るためお肌の中でメラニン色素が生成され、肌の色が濃くなります。それを放置して繰り返し紫外線を浴びることで、肌の深層に達した紫外線がコラーゲンを壊しシワの原因を作り出すのです。

注意!紫外線の怖い特徴とは

紫外線には以下のような特徴があります。

・ガラスや雲を通過可能
UVAは、ガラスや雲を通過できます。雨や曇りの日や室内にいるときであっても、紫外線の影響は常に受けているのです。

・散乱、反射
紫外線は空気中で散乱したり、地面に当たって反射したりします。そのため、日陰にいるからといって油断は禁物。完全に避けることは不可能です。

・短時間でも肌ダメージを与える
紫外線によるダメージは短時間であっても同様にダメージを受けます。肌の老化には、今までに浴びてきた紫外線の量が関係しています。

・熱さやまぶしさを感じない
紫外線が熱を持っているわけではなく、目にも見えないものです。そうである以上、どのくらいお肌が紫外線を浴びているのか自覚することは難しいことも紫外線の特徴といえます。

日焼け止めのマメ知識

日焼け止めに書かれているPAやSPFとはどのような意味なのでしょうか。


・PA
紫外線の波長であるA波を予防する効果の高さを3段階であらわしたものです。”+”の数で表現されており、その数が多いほど紫外線予防に効果的。
たとえば
+ →やや効果あり
++ →効果あり
+++ →非常に効果あり

・SPF
紫外線のB波を予防する効果を示しており、その高さを2~50であらわしています。スッピンのときと比較し、日焼けが起こるまでの時間を何倍に遅延できるかを示す数値です。数値が高いほど効果が期待できます。


先生

たとえばSPF15の日焼け止めを塗ったとします。
肌に何も塗らないとすると、通常の肌の状態の方なら真夏の日差しで約20分で日焼けをおこすのですが、日焼け止めを塗った方は日焼けが起こるまでの時間を15倍に延ばせるというわけです。

計算としては
20分×15(倍)=5時間
となります。
ちなみに、SPF50を超える効果を示すものは”50+”と表記されています。


冬のスキー場や夏の海などアウトドアに出かけるときはSPF30以上でPA+++の日焼け止めを選ぶとベターです。
水や汗で流れた場合、すぐに塗りなおすことを忘れずに。

忘れないで!日焼け止めの肌への負担

注意したいことは強力な日焼け止めは、それだけお肌への負担も大きくなります。


顔へ日焼け止めを塗るのは適宜抑え、ファンデーションをしっかりと塗るほうがお肌に優しくなりますよ。
体については、長袖や帽子などの洋服や小物で隠すことが効果的です。


ほかにも、女性の方なら月経前が要注意な時期です。
ホルモンバランスの関係で、紫外線に対して普段以上に敏感になりがちなので、丁寧な紫外線ケアを行いましょう。

日焼け止めの成分と正しい日焼け止め選び方

日焼け止めの紫外線カットには、このような成分が使用されています。

・紫外線吸収剤
紫外線を吸収して、熱エネルギーへと変換する化学物質です。お肌に自然になじむため、化粧下地といった化粧品にも含まれることがあります。しかし、紫外線散乱剤と比較すると、肌への刺激が強く、肌が弱い方はかぶれやすいことが特徴です。

・紫外線散乱剤
酸化させた金属や粉末状の粘土などで肌の表面に膜を作り紫外線を跳ね返すものです。刺激が少ない反面、肌に塗ったときに白っぽくなったり肌が乾燥しやすかったりという問題もあります。


日焼け止めを選ぶときに注意したいことは、紫外線カット成分とタイプの選び方です。


先生

“紫外線吸収剤”は肌がかぶれやすいため、刺激に弱いお肌には”ノンケミカル”が良いでしょう。
敏感肌の方は”紫外線吸収剤不使用”もしくは”ノンケミカル”の表記がある日焼け止めを選ぶとベターです。

また、ジェルやローションタイプの日焼け止めは、紫外線吸収剤をメイン成分とすることが多いようです。そのため、肌への負担をかけやすいため、クリームタイプや乳液タイプのものが良いでしょう。

クリームタイプや乳液タイプも ノンケミカル のものを選ぶと肌がかぶれにくいですよ。

紫外線はファンデーションでも防げる!?

SPFの数値が高い日焼け止めを塗っているので、紫外線ケアはバッチリ!
と思いがちですが、実は間違い。

SPFの数値が高い日焼け止めを使用しても、適量を塗っていなければ日焼け止めとしての効果は薄れてしまうのです。


先生

正しい日焼け止めの適量とは?
SPFの数値は、一平方cmのお肌に対し2mgの日焼け止めを塗布することを予想して計算されています。
そのため、この量を顔全体で置き変えると、1度の使用量は500円玉ほどとなります。

実際問題として、その半分から1/4程度しか塗っていない方がほとんどで、塗る量が少ない分、日焼け止めとしての効果は1/10~1/20程度へと薄れてしまうのです。

では、日焼け止めを厚く塗り重ねるとどうなるでしょう。

お肌がベタベタしたり、メイクの仕上がりに違和がでたり。特に赤外線吸収剤を含有している日焼け止めを使用すると、肌への負担も大きくなります。


そこで、肌を守るために実践したいことがファンデーションでの紫外線ケアです。
パウダーファンデーションやルーズパウダーなどは、紫外線散乱剤と同様の働きをします。

優秀!パウダーファンデーション

日焼け止めよりもお肌への負担は少ないため、お肌に優しく紫外線対策を行えます。

顔のUVケアとしては、パウダーファンデーションをしっかりと使用すれば良いでしょう。紫外線カット効果の記載がないものでも、しっかりと厚めに塗ることで強い日差し予防ができます。

レジャーといったアウトドアの場合、日焼け止めをお化粧の下地として使用するとより効果が期待できます。


先生

まず、化粧水や美容液、乳液などを全体につけます。その後、日焼け止めを塗り、シミができやすい部位にはしっかりと重ね塗りをします。

乾燥が気になる方は、下地にクリームをつけると良いでしょう。
しっかりと保湿ができていれば、下地は必ず必要というわけではありません。

日焼け止めを塗らず、ファンデーションだけで対策をするという手もあります。

化粧水や乳液が肌になじんでから、パウダーファンデーションやリーズパウダーをしっかりとつけると日焼け止めはなくても大丈夫です。

ファンデの日焼け対策 注意点は?

紫外線から受けるダメージは蓄積されていくもの。紫外線を浴びることで、その分の肌ダメージが進行します。

日焼け止めを塗らないファンデーションでの日焼け対策の場合、特に注意したい点は
化粧直し
こまめに行うことです。
 
紫外線カットの効果をキープするためにも、こまめな化粧直しは必須です。余分な油分を優しく拭き取り、ルースパウダーをつけましょう。

スポンサーリンク