「肌のうるおいを閉じ込めるために、スキンケアの後は仕上げに保湿クリームを付けている」

という方は多いのではないでしょうか。


実は、
クリームや乳液では肌のうるおいをキープする役割は担いません。


もともとクリームや乳液は、肌の油分を補うために開発された化粧品です。

じゃ、クリームは必要ないの? と思われるでしょうが、そんなことはありません。

ここでは
クリームの本当の役割やクリームのテクニックなどを確認し肌の潤いキープのために本当に必要な成分をしっかり理解していきましょう。

クリームは油分を補うアイテム

以前は

「水分は化粧水で補い、肌に油膜を作る乳液でうるおいをキープすると良い」

という考えでしたが、実際には肌に油膜をはっても、その隙間から水分が逃げてしまいます。

そのため、乳液やクリームといったアイテムでは保湿効果が多く望めないのです。


肌の表面に油膜をつくる油分には

  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • 流動パラフィン(ホワイトミネラルオイル)
  • 動物油(スクアランオイル)
  • 植物油(オリーブオイル、ホホバオイル)

などこれらの成分がありますが、いずれも保湿力は強くありません。

潤いキープの保湿成分はコレ!

 肌のうるおいをキープし水分を肌に閉じ込めるために不可欠な成分、それは

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿力を持つ成分です。


肌に油膜を作る乳液と違って、セラミドは肌の内層で水分をはさみ込む性質があります。


先生

いったん取り込まれた水分は、周囲が乾燥してきても蒸発することはありません。また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどは水分を抱え込み うるおいを保つ性質があります。

大量の水分をキープでき、肌の深層部分である真皮の成分がメインです。


その他、セラミドのように保湿力が高い成分として

  • レシチン
  • ステアリン酸コレステロール
  • スフィンゴリピッド(スフィンゴ脂質)



コラーゲンやヒアルロン酸などの水分を抱え込む成分として

  • ヘパリン類似物質
  • エラスチン



周囲の湿度が低い場合、保湿力が低くなりますが、水分を吸い込み、結合する性質がある成分もあります。

  • グリセリン
  • 1,3-BG (ブチレングリコール)
  • PG(プロピレングリコール)
  • 天然保湿因子(NMF)

クリームの塗り方と部分づけテクニック

「肌にツヤがない」と感じる年代は様々ですが、実は皮脂の分泌量が減るのは10代後半ごろから始まっています。

油分を補うためには、目元や口元のほかにもクリームをつける場所を拡大しましょう。


「ベタつかずサラッとしたタイプが使いやすい」
という方も多いかもしれませんが、油分をキープしたい場合、クリーム状のもったりとしたタイプがベターです。


クリームのつけ方は、化粧水と美容液で水分をうるおした後、
目元→口元
の順番で行います。

どちらも、クリームを薬指に少量とり、塗りたい部分にそっとたたき込むイメージでつけると良いでしょう。


先生

肌を強くこする、強く引っ張るなど肌に負担をかけないように注意してください。摩擦により必要以上に肌をいためたり、シミを作ったりする原因となります。

油分を補う成分は、水分を保湿する役割を持つ成分に比べ保湿力はそれほど高くありません。

しかし、口元や目元などの動きが激しい部分に油分を補い、潤滑油としてクリームを活躍させるのがオススメの使い方。


日々のスキンケアは化粧水と保湿美容液で行い、皮脂腺が少ない部分や肌のツヤが気になる部分にはクリームをつけ油分をプラスするとよいでしょう。

スポンサーリンク