最近のシャンプー広告は、ノンシリコンが当たり前になってきていますね。

シリコンとノンシリコン
それぞれ、どんな役割や効果があるのか 知っていますか?

今さら聞けない!ノンシリコンシャンプーについて詳しくまとめてみました。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとは、文字通りシリコンが入っていないシャンプーです。

シリコンはコーティングの効果が高く、シャンプーの摩擦やドライヤーの熱など 外からのダメージを守るのに役立ってくれます。

ですが、泡立ちの良さからもわかるように、その効果は高すぎる場合も。

保護の役割が強すぎる結果、頭皮や毛穴が詰まってしまい 更には、コーティング効果が終わると共に、キューティクルも剥がれ落ちてしまうということもあります。

そのため、『髪や頭皮に余計な負担をかけずに、自然なケアをしていきたい』との声から ノンシリコンシャンプーが生まれました。

ノンシリコンシャンプーの人気の理由

ノンシリコンシャンプーが人気なのは、髪や頭皮に負担をかけないのはもちろん、自分のヘアケアにピッタリなシャンプーを選べるという、豊富な商品展開です。

そして、シリコンによる過剰なコーティングがないのも ノンシリコンシャンプーが選ばれる理由になっています。

先生

よく聞く、

  • 髪がぺたんこになる
  • パーマがすぐに落ちる
  • ヘアカラーが入らない

といった悩みも、シリコンの過剰な効果が原因になっている場合もあります。

髪のボリュームやトリートメント、健康的な頭皮や髪のケアといった、自分が望むヘアケアに取り組むなら、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。

今では、より効果的な役割を持ったシリコンシャンプーが色々販売されています。

自分の髪の悩みにあわせてシャンプーを使いたいという人にも、ノンシリコンシャンプーは人気となっているのです。

ノンシリコンの効果

ノンシリコンシャンプーはシリコン入りと違って、健やかな髪ケアに一役買ってくれます。

それでは、具体的にどのような効果に期待できるのでしょうか?ノンシリコンシャンプーで手に入る、効果的なアプローチについてまとめました。

◆ 頭皮や髪を健やかに保つ効果


やはりノンシリコンの強みは、安全で健康的なヘアケア効果です。

化学物質であるシリコンが入っていない、ノンシリコンシャンプー。シリコン入りと比較すると、コーティングや洗い心地で劣る場合もありますが、頭皮や毛穴の詰まりを防ぎ、過剰な洗浄成分もありません。

また、あまりにもダメージが強い髪の場合、シリコンのコーティングで一見ツヤのあるキレイな髪を演出できますが、コーティングが落ちるとともに、キューティクルも一緒に剥がれてしまいます。

ノンシリコンは このような心配もないので、傷んだ髪の人も安心して使うことができます。

◆ ヘアケアへのアプローチ効果


また、個人で抱える悩みを解決したヘアケアにも、良いアプローチができるのが、ノンシリコンシャンプーです。

シリコン入りの場合はシャンプーで強いコーティングを作用させるため、パーマやヘアカラー、その後のトリートメントが入りにくくなってしまいます。

ノンシリコンシャンプーならば、余計な保護はせず素の状態になるため、おしゃれを楽しみたい方や、しっかりヘアケアを取り組みたい方にはピッタリです。

◆ ボリュームアップでふんわり効果


ノンシリコンシャンプーでは、自然のオイルで髪を保護しています。

季節の変化や体調、加齢によって「髪にボリュームがなくなった」と悩む方。もしかしたら、シリコン入りシャンプーの効果が強すぎてペタッとなっている可能性も。

過剰なコーティングをやめることで、髪が抑えられること防ぐことができます。

「薄毛まではいかないけど、自然なボリュームを保ちたい」と思う方なら、ノンシリコンのシャンプーが効果的になってくるのでオススメです。

ノンシリコンのメリット

◆ 頭皮に優しい


シリコンシャンプーの強みは、ツヤツヤ感や指通りの良さです。これは、シリコンが作用したコーティング機能のおかげ。

ですが時に、コーティング機能が強すぎてしまい、頭皮や毛穴詰まりを引き起こすこともあります。また化学物質が肌に合わず、痒みやフケの原因となってしまう場合も…。

ノンシリコンシャンプーなら、過剰な保護でなく天然成分を使っているため、頭皮にも優しく安心して使用できるメリットがあります。

◆ パーマやヘアカラー、トリートメンの浸透を高める


また同じように、パーマやヘアカラー、トリートメントの浸透を高めるのもノンシリコンシャンプーの大きなメリットの1つです。

シリコンのコーティング機能は、浸透力はありません。
そのため、上からかぶせるパーマやカラー剤、トリートメントの効果を弱めてしまうのです。

髪のおしゃれを楽しみたい人や、ヘアケアをじっくり取り組みたい人には、ノンシリコンシャンプーがオススメになってきます。

◆ 更なる深刻なダメージを防ぐことができる


髪がダメージを受けている人には、注目のメリット。それは、更なる深刻な髪の痛みを防ぐことができるということです。

シリコン入りのシャンプーでは、浸透力がないものの 保護作用があります。髪の1本1本にコーティングをまとったような状態。
一見、ダメージを受けた髪には良い効果に感じますが、継続性はありません。

また、コーティングが落ちるのにともなってキューティクルも一緒にはがれてしまう場合も。

ダメージを受けた髪が、キューティクルを失うのは防ぎたいですね。ノンシリコンシャンプーで丁寧なケアをしてあげることが、ダメージ解消の確実な一歩となります。

ノンシリコンにもデメリットがあるって本当?

ノンシリコンシャンプーの効果的なメリットが注目を集め、人気となっていますが、ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあるのをご存知ですか?

シリコン入のシャンプーと比較したときに感じる、気になるデメリット。
その内容や、改善するためのアドバイスをご紹介します。

◆ 触り心地が悪くなる?


ノンシリコンシャンプーを使い始めた人が思うのが、「髪がきしむ」「指通りが悪い」「ツヤ感が減った」などの不快感や心配。
触り心地の悪さは、ノンシリコンシャンプーのデメリットとして多く声があげられます。

原因は、シリコンのコーティング機能や強い洗浄成分が入っていないためです。今までのシリコン入りシャンプーと比較すると、少々物足りなさを感じる場合もあります。

ですが、これがまさに髪や頭皮の素の状態。

余計な毛穴の詰まりを防ぎ、その後のトリートメントなどの浸透力を高めることができます。

物足りないからと、せっかくノンシリコンシャンプーを選んだのに、他の界面活性剤や硫酸系洗浄剤が入ったのを選んでしまわないよう気をつけましょう。

◆ 余計に髪が痛む?!


そして、デメリットとして次に聞くのが「余計に髪が痛む」という感覚です。

シリコンのコーティング機能が含まれていないため、ドライヤーでの熱や摩擦、紫外線といった外からのダメージを受けやすくなっているため、そのように感じてしまうのが原因。

本来はシリコン入のシャンプーでも同じことですが、

  • しっかりとタオルドライをしてドライヤーの時間を減らす
  • 直接ドライヤーの熱を長時間あてないように、ドライヤーの首や髪を動かす
  • 帽子やヘアケア剤で紫外線などを防ぐ

といった対策をとっていくことで解消されます。

◆ 継続的なケアが大切


髪や頭皮に優しいというイメージが強いシリコンシャンプー。とはいえ、それは髪や頭皮を自然な状態で維持することを意味します。

残念ながら、ノンシリコンシャンプー自体に、補修や保護の役割はありません。そのため、ダメージを受けているような髪の場合、丁寧なトリートメントなど 個別のケアを行っていく必要があります。

お手入れの効果を高めてくれるのに、ノンシリコンシャンプーは良い下準備となってくれるのです。

ノンシリコンシャンプーの気をつけたい注意点

シリコン入りと比較すると、頭皮や髪の健康的なケアなどに良い効果があると言われているノンシリコンですが、ノンシリコンシャンプーを使うときに、気をつけたい注意点もあります。

ノンシリコンの性能を知って、より効果的に使いこなしていきましょう。

◆ コーティングはしっかりと!熱や摩擦から守って!


シリコンシャンプーには強いコーティング機能が含まれています。
髪を熱や摩擦から守ってくれるのには便利ですが、その効果が強すぎる場合も。

その点、ノンシリコンシャンプーにはシリコンが含まれていないため、頭皮の毛穴詰まりや、コーティングが剥がれてキューティクルがダメージを受けるといったこともありません。

逆に言うと、ノンシリコンシャンプーは、髪や頭皮が何もまとっていない裸の状態。
自分でしっかりと、タオルドライやトリートメントを行う事が必要です。

ドライヤーで髪を乾かす際にも、熱や摩擦から守ることを忘れないようにしましょう。

◆ せっかくのノンシリコン!他の成分も注目


ノンシリコンシャンプーを使った経験がある方は、「指通りが悪い」「泡立ちが寂しい」なんて思ったことありませんか?

過剰なコーティングや洗浄能力がない自然派のため、少し物足りなさを感じてしまうことも・・・。
ですが、ノンシリコンの強みは、その安心できる自然派がポイントです。

界面活性剤やラウリル硫酸といった硫酸系洗浄剤などが入ったシャンプーでは、強い洗浄力のため、頭皮の乾燥や痒み、フケの原因になってしまうことがあります。

シャンプー選びに、シリコンだけを注目するのではなく 硫酸系洗浄剤が入っているかどうか、確認することも大切です。

スポンサーリンク