ホルモンのバランスが崩れているかを実感しやすいのが月経です。

なかには
「生理不順だけど体は元気。むしろ、生理の回数が減ってラク♪」
とお考えの方がいますが、生理のリズムは女性である以上とても重要なことです。

卵巣の機能だけでなく、実は肌年齢にも直結する問題であることをご存知でしたか?

生理が遅れるということは、体のホルモンバランスが崩れているということです。そのため、肌の状態も左右されるというわけです。

まずは生理の仕組みについて知る必要があります。
生理の周期を調整している女性ホルモンについてもっと知っていきましょう。

2つの女性ホルモンについて

・プロゲステロン=黄体ホルモン

生理の前に分泌量が増えます。

皮脂の分泌を促す働きを持っているため、肌荒れしやすくなるのはこのためです。
また、のぼせやむくみ、便秘などの症状が生理前に起きやすいことも、このホルモンの働きによるものです。

・エストロゲン=卵胞ホルモン

生理の後に分泌量が増えます。

肌の調子を整える働きを持っており、老化の要因である活性酵素を除去してくれるだけでなく、コラーゲンを増やし肌のうるおいをキープしてくれます。

また、肌の調子を整えてくれるため若返りホルモンという別名も持っています。
例えば、

  • 肌の調子を整える
  • 髪質が良くなる
  • ボディラインが女性らしくなる
  • 記憶力アップや精神安定

などにも効果を発揮する優れものです。

先生

更年期の頃に、エストロゲンの分泌量が一気に減りはじめます。卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌が減ると、生理の周期が乱れてしまうだけでなく、肌の老化も進行してしまうのです。

エストロゲンが減少すると 精神不安定や骨粗しょう症、記憶力の低下や薄毛などの症状を起こしかねません。

ホルモンのバランスを整えるためには、体も心も健康に気を付けた生活を過ごすことが基本的な解決法です。

  • 生理の周期が乱れる
  • 出血量が前より減った

などの変化が起きた場合には、一人で悩まず早めに婦人科に相談しましょう。

生理の周期と肌年齢との関係

肌にも影響を及ぼすホルモンバランス乱れ。
それぞれ期間の肌に合わせた肌ケアを行い、肌トラブルや老化を予防しましょう。

スキンケアは生理周期に合わせて

女性は、生理の周期に沿ってお肌の具合が変わっていきます。

普段より多く皮脂の分泌を増やす働きがあるプロゲステロンが増加する生理前には、
ニキビが増えたりシミができやすくなったり
と問題が起こりやすい時期です。

黄体期の影響を受けることで、肌が普段以上に敏感になります。

そのため、保湿成分を多く配合するシンプルなスキンケア品でお肌を守りましょう。

先生

個人差がありますが、生理前になると口内炎やヘルペスができやすくなる方もいます。

生理の後は、エストロゲンの分泌が増えるため、肌の調子がよくなります。
アンチエイジングや美白といった美肌作りを行うなら、この時期がオススメですよ。

無理なダイエットが女性ホルモンに与える影響

ホルモンの分泌される量は、心や体の変化によって大きく左右されます。

エストロゲンが減る原因として多いのは、過度なダイエットです。

無理な食事制限を行ったといった理由で栄養不足になってしまうと、体が「妊娠には向かない状態である」と判断します。

それによって卵巣の機能が低くなり、エストロゲンの分泌も減少するのです。
また、生理不順や無月経などの原因にもなる恐れがあります。

エストロゲンの分泌が減るとどうなるの?

エストロゲンの分泌が減るとこのような問題が起こりやすくなります。

・お肌の老化が進行

「若返りのホルモン」と呼ばれるホルモンであるため、肌の老化が進行してしまいます。

・バストが縮む

乳管や乳腺を発達させる働きを持っているため、ハリのある肌をキープし バストアップするのですが、分泌量が減ることでバストダウンの可能性があります。
皮下脂肪が減るのではなく 肌のハリがなくなることで肌が垂れたり伸びたりするのです。

・生理不順になりやすい

正常な量が分泌されなくなると 生理が乱れたり排卵時期がズレたりします。
無月経になる可能性もあります。といって、すぐに元どおりになるとは限りません。

健康に美しくやせるためには 短期集中のハードなダイエットは避けるべきです。

サプリメントは補助食品。食べ物を重視して

「美肌になりたいから、サプリメントを増やしています」
という方は、ぜひ一度食事を見直してみませんか。

美肌作りに欠かせないことは、まず食事や生活習慣の改善です。

「規則正しい生活を送っているのに美肌成分を摂るって難しい」という方にサプリメントは最適。

あくまでもサプリメントは食事があってこそ。女性ホルモンに似た成分を摂取したいなら、まずは食事から摂取するよう心がけましょう。

女性ホルモン様物質を摂りましょう ♪

女性ホルモン様物質とは、美肌作りに欠かせないエストロゲンといった女性ホルモンに似た働きをする成分のことです。

個人で差はありますが、30代の後半から減り始め閉経前後となると一気に分泌量が減るといわれている女性ホルモン。
それを補うために注目されています。

体の変化は自然なことであり、誰にでも起こるのが老化です。

先生

アンチエイジングを目的として、ぜひともエストロゲンを補いたいところなのですが、エストロゲンを必要以上に摂取してしまうと、乳がんのリスクが高まることがわかっています。

そのため、若返りのためといっても必要以上に薬といったものでエストロゲンを補うことはできません。

その代わりとして、女性ホルモン様物質の摂取が大切とされています。

女性ホルモン様物質とは

エストロゲンとよく似た成分であり、大豆製品や大豆そのものに多く含まれている
大豆イソフラボン
が代表的な成分です。

サプリメントで摂取する方法がありますが、それよりも効率よく体に吸収されることから、食事から摂取することが大切です。

大豆イソフラボンで乳がん率が上がるとウワサされたっことがありましたが、近年ではイソフラボンが安全であることがわかってます。


さらに、イソフラボンが乳がんを防ぐ可能性を秘めていることも研究で報告されており、女性に嬉しい成分です。

女性ホルモン様物質の摂取

大豆イソフラボンは、豆腐や豆乳などの大豆製品から摂取することになります。

うまくメニューに組み込めない場合は、サプリメントを利用してもよいでしょう。

女性ホルモン様物質は納豆にも含まれており、美肌作りだけでなく体内からキレイになれる食品が多いことが特徴です。
毎日の食事に取り入れられると理想的といえます。

また、大豆イソフラボンのほかにも、女性ホルモン様物質となる成分があります。

それは、ピクノジェノールや当帰などがありテレビで聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

  • ピクノジェノールは、フランスで育つ松の樹皮から取り出される成分
  • 当帰は漢方薬の一種として使われている植物

ご自身の体質にあったものを選び、漢方薬を配合してもらう、ピクノジェノールを含有するサプリメントを摂取するなど活用できます。

冷えを予防!卵巣のためにも体を温めて

普段の生活の中で、エストロゲンの減少を予防するためには、血液の循環を良くすることが大切です。

骨盤周辺の血流をスムーズにすることで、栄養成分や酸素が体に行き届き卵巣の機能も正常に活動するでしょう。
血行が悪くなる原因にはさまざまなものがありますが、よく言われている原因は体の冷えです。

服装で冷やさない工夫を


ヒップハンガータイプのズボンや下着では、両手を上にあげたときにおへそが見えてしまいますよね。腰回りを冷やす原因となるため、冷え性の方は特に腰回りを覆うような服装が理想です。

もし、ジーンズといった股上が浅いタイプを履きたい方は、上に着るインナーで工夫するとよいでしょう。
トップスの下には丈が長いタイプのキャミソールを着るとよいですね。
ほかにも、体を締め付けるガードルは血流を滞らせるため注意が必要です。長い時間座ったままの姿勢でいることも冷えの原因となります。

運動で身体を温める


血行を良くするためにも、時折体を動かし血液の流れを良くしましょう。

エストロゲンの分泌を促すために、仕事や家事の合間に簡単なエクササイズをはじめるとGOOD。

体を温め、かたまった筋肉をほぐし血流を良くする働きがあります。

更年期を乗り越える知恵

閉経となるのは、個人差がありますが平均すると約50歳前後です。

閉経を超えて呼ばれる時期が更年期です。生活の知恵を使って工夫しながら、更年期を楽しく乗り越えましょう。

更年期になると、女性ホルモンの分泌量やホルモンのバランスに大きな影響を及ぼします。
そのため、冷えや頭痛、のぼせ、肩こりなどのツライ症状に悩まされている方が多くいます。

ほかにも以下のような症状が出やすくなります。記載のない症状も出る可能性があります。

  • 動悸、息切れ
  • 不眠
  • イライラ
  • 無気力
  • 耳鳴り
  • 腰痛
  • 肩や首のこり
  • 関節痛
  • 排尿痛
  • 尿もれ
  • 陰部が乾燥しやすい
  • 膣カンジダ
  • 膀胱炎を繰り返す
  • 肌が乾燥する
  • シワやシミなどの老化
  • 髮が減る

普段から運動を心がけておくと、冷え改善やエストロゲンの分泌を促すだけでなく、更年期に起こりうる症状の対策にもつながります。

また、更年期障害の現れ方やその程度は、個人差があります。

ツライ場合には、病院での治療が有効です。ご自身がツライ症状や体質などにそって漢方薬や自律神経を整える薬、ホルモンバランスを整える薬などが処方されます。

心理的な面ではカウンセリングが必要な場合もあります。

一人で悩んでいた方は、無理をせずに病院へ相談に行くと心が楽になりますよ。

スポンサーリンク