更年期に大注目の栄養素“エクオール”

エクオールとは、イソフラボンの一種で 腸内細菌の力を借りて生まれる成分。

女性ホルモンと似た作用を持っており、更年期症状を緩和したり、骨粗しょう症や生活習慣病などの改善や予防に効果が期待されています。

そのほか、シワの予防といった美容効果も実証されています。

しかし、このエクオールを生成できる人は、日本人の中で2人に1人といわれています。

そんなエクオールですが、まだまだどんな成分なのか知られていないのが事実。

そこでエクオールとはどんな成分でどのように体の中で作られるのか。
また生成できない人はとうやってエクオールを補えばいいのか、などエクオールについて詳しくまとめてみました。

更年期の救世主!超イソフラボン【エクオール】

大豆に含有されているポリフェノールである大豆イソフラボンは、更年期の様々な不調に効果があることは知られていますね。

でも、大豆を意識して摂っているのに期待したほどの効果を感じられない。とガッカリされていませんか。
実はその理由が、近年の研究で解明されました。

日常的に大豆を食べていても、大豆イソフラボンの効果は人によって異なること。そして、その個人差は その個人が体の中にエクオール産生菌という腸内細菌を持っているか否かで異なるということです。

大豆イソフラボンは、腸の中にいるエクオール産生菌の作用で代謝されます。
その結果、エクオールという成分に変わり、より一層 イソフラボンの効果を発揮しやすくなる仕組みです。

エクオールを生成できる人はたった2割!?

複数の研究結果から考えると、日本人なら約5割、欧米人なら約3割の方がエクオールを産生できる結果でした。しかし、日本人の中でも、若い女性の場合エクオールを産生可能なひとが少ない傾向にあります。

日本人のうち50歳なら約5割、20歳になると約2割の方しかエクオールを生成できないと考えられ、若い女性の割合は、欧米人並みに低いことが分かっています。

※エクオールを作れない方は以下の原因が考えられます。

  • ほかの腸内細菌が邪魔をしてしまい、エクオール産生菌が活動できずにいる
  • エクオール産生菌が少なく、エクオールに変えることができない
  • エクオール産生菌がない

少しでもエクオール産生菌を持っている方は、大豆を食べる、腸内環境を改善するなどを行うことをオススメします。

大豆イソフラボンをエクオールに生成できない方は、エクオールサプリメントで補うことができます。
ぜひ、生成できる方と同様の効果をうけるためにも、上手に取り入れましょう。

エクオールサプリメント:【小林製薬】エクオール

◆ポイント


  • 「命の母」をつくる小林製薬から発売
  • 発酵技術の進歩でエクオールを1粒に
  • めぐりに嬉しい成分をバランスよく配合
  • 大手製薬会社の安心・安全の品質管理

※命の母で有名な小林製薬さんが発酵技術の進歩によりエクオールを手軽に摂れるサプリメントに成功!さらに、女性のバランスを内側から整えるブラックコホシュ、めぐりに大切なヘスペリジン、 安定した毎日を送れるテアニンなどを配合。
更年期に嬉しい成分がたっぷりです。

◆通販情報


  • 通常価格 2700円
  • 定期便 初回半額 1350円 2回目以降 2430円(税込)10%off
  • お試し 1890円(税込)30%off

◆口コミ


・更年期対策のために
ずっと不調が続き、これが更年期なんだと辛い毎日でした。そんなときに友人からエクオールサプリメントを勧められ、命の母を販売している会社と知って安心して購入しました。飲み続けると倦怠感がなくなったように感じ、イライラすることが少なくなりました。更年期は続きますのでしばらくは続けてみようと思っています。

・髪のボリュームが増えた
40歳半ばに薄毛が気になり調べた結果、更年期の症状が原因だと知りました。女性ホルモンを補おうと、こちらの小林製薬エクオールを選びました。エクオールの効果は本物!髪のボリュームが増えた気がするのです。抜け毛も減ってホッとひと安心です。コスパも良いのでリピートしています。

【小林製薬】エクオールの詳細・ご購入はこちら

エクオールの効果・効能

  • 肩こり・首こり
  • メタボの改善および、予防
  • 骨の健康キープ
  • 生理前および、更年期の不調軽減
  • お肌の保湿アップ、シワ改善

など

エクオールを使用した臨床実験によると、ホットフラッシュの改善効果をはじめ、骨密度低下の予防や肩、首といった部分のコリの改善、悪玉コレステロールであるLDL-コレステロールの減少など様々なメリットをもたらすことがわかっています。

そのほか、お肌の老化防止にも役立っており、秋~冬といった乾燥する季節に実施された試験でも、エクオールを摂らない方と摂った方では、摂らなかった方の目じり周辺のシワが増加し、シワの深さも濃くなりました。


先生

エクオールを摂った方のほうが、シワを予防できていたことがわかっています。

お肌の弾力をキープするコラーゲンといった成分を生み出す線維芽細胞を活性化させるのもエクオールなのでは?という憶測もあります。

エクオールの副作用は?

エクオールは女性ホルモンと同様の働きをしてくれる成分。期待が膨らむ一方、副作用が気になるという女性も多いです。

副作用についてですが、ご安心ください。
1日に30mgと多量のエクオールを12週間にわたって摂り続けた研究でも、膣や乳房、子宮といった部分への影響はなかったとしています。

また、エストロゲンや甲状腺ホルモンにも、その血中濃度の変化はみられなかったとのことで安全性が高いことがわかっています。

「女性ホルモンが低くなることで不調が起こる。でも、自力でどうにかなりそう」という方にとって、安全かつ気軽に取り入れやすいエクオールは、とても頼れる存在といえます。