年齢を重ねるうちに 口臭が気になってきませんか?

誰かと話すときも、相手の表情が気になって話に集中できない!ひどい方になると人と話すことが怖くなり、人との会話を避けるようになる人もいます。

特に更年期に入ると女性ホルモンが減少するため、様々な症状が表れてきます。その症状の中には口臭のトラブルも含まれています。

更年期になると なぜ、口臭が強くなるのか?口臭を和らげる対策はあるのか?など、更年期の口臭について原因や対策など詳しく紹介します。

更年期に多い口臭トラブルや悩み

更年期になって以下のような口内トラブルに悩んでいませんか。

  • 口臭が気になる
  • 口内が乾いて唾液量が少ない
  • 食べ物が飲み込みづらい
  • 舌がもつれ、話づらい
  • 口臭を気にしすぎて、人との会話で距離を置いてしまう

そんなお悩みを抱えている方、もしかしたら女性ホルモンによって唾液量が減少したことが原因かもしれません。
50代前後より、更年期が原因の女性ホルモンが低下すると、唾液の量もどんどん減ってきます。

更年期になって唾液量が少なくなると、ドライマウスになり、口臭が強くなるトラブルが起こりやすくなります。

また、精神的なストレスや薬の副作用などがドライマウスの原因となる場合もあります。

口臭の原因とは?

◇更年期障害が原因の口臭


女性ホルモンの分泌が減ることで唾液の分泌量も減ってきます。唾液の量が減ることで口の中の雑菌が繁殖し、それが口臭のを発生させる元になっています。
さらに口臭だけでなく虫歯になりやすい状態になっていますから、定期的に口腔ケアを続けることが大切です。


◇病気が原因のドライマウス


ドライマウスは、女性に多い自己免疫性疾患であるシェーグレン症候群が涙腺や唾液腺に障害を起こすことです。糖尿病といった病気の前兆として現れることもあります。
睡眠薬や うつ病の薬には、唾液の分泌量を減らすといった副作用があらわれることもあります。


◇筋肉の衰退でかむ回数が減ることも原因の一つ


女性に限らず、年齢が増すにつれ口の周りの筋肉や歯が弱くなります。それによって食事は柔らかく、汁気が多く呑み込みやすいものをチョイスしがちです。
また、筋肉が衰えることは、咀嚼する回数も減るということ。口のストレッチ(下記で紹介)をすることで唾液量を促進していきましょう。

更年期の口臭は日ごろから口腔ケアを

日常的に意識していない部分で症状を悪化させている場合があります。
今一度、更年期の口臭対策のために 日ごろから行っていることを見直し、生活習慣を整えましょう。

日ごろ何気なく行っていることが、症状を悪化させ、口臭の原因をつくっています。更年期は特に生活を見直して、口腔ケアを心がけることが大切になってきます。

口腔ケアのコツ

  • 3ヵ月に1回程度、歯の定期検診にいく
  • よく噛んで食べる
  • 喫煙をやめ、ノンシュガーのガムを噛む
  • リラックスする時間をとる
  • 質のよい睡眠をとる
  • 部屋の保湿に気を配る

更年期は口のストレッチで唾液量を促進

口腔内の清潔は、唾液の分泌を増やすことが必須です。

とくに更年期は女性ホルモンのバランスが乱れることで、唾液の量も減りますから 口臭が気になる更年期は意識して口のストレッチ体操を行い、唾液の分泌量を増やしましょう。

【ストレッチの仕方】
(1) 口を大きく開け「あ・い・う・え・お」と発生する
(2) 舌をベーッと出し入れしたり左右に動かしたりする
(3) 口腔内から舌で上あごや下あご、左右の頬を押す

※(1)~(3)を1分間ずつ程度を目安として行いましょう

更年期オススメ!ハーブティで口をリフレッシュ

ハーブティには、抗菌作用や消毒作用があることをご存知ですか?
これは、口腔環境を整えることにも有効です。

口腔内をスッキリさせてくれ、リラックス効果も向上。質の良い眠りが得られます。

オススメはマロウやセージです。ほかにも、フェンネルやペパーミントのハーブティは冷ましてうがい薬にすると口臭効果が期待できます。

食事の後に試してみると良いですね。

口臭には口腔内を潤すことが大切

梅干しやレモン…言葉を聞いただけで唾液が出てきますね。これは、唾液の分泌を増やすことに最適な食材です。ぜひ積極的に摂取することをお勧めします。

水やお茶のペットボトルを持ち歩くことも、口腔内を潤す習慣づけになります。


先生

緑茶には殺菌効果が含まれているため、マイボトルに入れて持ち歩くと良いです。
また、ガムを噛む習慣も唾液の分泌を促すことに効果的です。

女性ホルモンのバランスを整えることも口腔内の環境を整えることにつながります。

口内潤滑用ゼリーやスプレーなども効果があります。
気になる方は、ドライマウス外来や更年期外来などの専門科を受診してみましょう。

口臭が気になるときは病院へ

舌がピリピリする、口の渇きで口臭が気になるときは 口腔外科や歯科などを受診しましょう。

膠原病であるシェーグレン症候群や糖尿病などの病気が隠れている場合もあるため、更年期だからと勝手に判断せず、病院で診察してもらうことが大切です。