女性ホルモンのバランスが乱れると

  • イライラするなど心をうまくコントロールできない
  • 同じスキンケアをしているのに肌トラブルで悩む
  • 髪がパサパサしてきて、抜け毛も増えてきた
  • 集中力が落ちて やる気も起きない、すぐ疲れる
  • 脚がパンパンになるほど むくみがひどい

など、さまざまな症状があらわれます。

女性ホルモンのバランスが 日々の生活に大きく左右するのは 間違いないこと。
イキイキ元気にすごすためにも 女性ホルモンバランスを整えていきましょう♪

更年期にピッタリ!女性ホルモンを整える方法

いつでも 気軽に女性ホルモンのバランスを整えてくれるもの

それは、
アロマオイル です。

アロマオイルは 無印良品や雑貨店などで購入できますし、アロマポットを利用すると 素敵なインテリアになりますね。

実際 アロマオイルで手足をマッサージすると更年期の症状が和らいだという研究結果がでています。

女性ホルモンのバランスを整えるために アロマオイルはとても注目されているアイテムになっています。

アロマオイルが女性ホルモンバランスを整える仕組みとは

アロマテラピーは、心身のトラブルを香りの素となる植物の成分を用いて和らげる自然療法です。

それに使用されているのが、癒し効果のある アロマオイル。
エッセンシャルオイルや精油などの種類があり、香りによって配合される成分は様々です。

含まれている成分によっては、オイルの香りに癒され、気持ちが落ち着くだけではなく、アロマオイルが 脳に直接働きかけることで、女性ホルモンのバランスを調整することがわかっています。

欧米では、昔からアロマテラピーによって病気の治療症状を和らげるために医療分野へとりいれてきました。

更年期障害とアロマオイル

女性に多い更年期障害にもアロマ効果がわかっており、女性ホルモンが減ったことによりパニックに陥った脳を落ち着かせ、ホルモンのバランスを整える働きがあります。


先生

アロマテラピーは、オイルの香りが脳を刺激することで心身の不調を改善する働きと、直接皮膚から吸収することで肌の不調を整える働きをもっています。

アロマオイルの分子は非常に細かく、皮膚の内部に浸透し血流とともに体内へと運ばれていきます。
その結果、皮膚を活性化し、炎症を抑えるといった働きがあるのです。

アロマオイルの香りには

  • 女性ホルモンバランス
  • 免疫機能
  • 自律神経

などを整える働きがあり、脳に心地のよい刺激を与えてくれます。

緊張状態にある脳も、そのストレスを解消することが可能です。

精油の効果

・マッサージ
アロママッサージを行うと 皮膚の真皮にまで浸透し、血流にのって体の内部へと吸収されていきます。


・香り
アロマポットで香りを愉しむ場合、鼻から取り込んだ成分が脳を刺激し 緊張やストレスを和らげ活力を与えてくれます。

女性ホルモンのバランスに【種類別】アロマオイルの効果効能

◆ ゼラニウム


優しく濃厚な香り。うっとりとするような甘い香りが特徴です。

血流を良くし 殺菌効果もありますよ。また 気分を高揚させ、心のバランスを整えてくれる働きもあります。

更年期による月経不順やイライラなどにお困りのときにオススメです。
そのほか 血行が良くなることで腰痛や肩こり、頭痛、むくみなどを緩和する働きも期待できます。


◆ イランイラン


エキゾチックな香りが南国にいるような気分にしてくれます。

ストレスや緊張で疲労した心をほぐしてくれますよ。
また 女性ホルモンの分泌をうながすため、バランスを整えてくれる働きもあります。

月経時期の不快感や更年期障害による心のケアにピッタリです。皮脂の分泌バランスを整えてくれる働きも。
スキンケアにも役立つ香りです。


◆ クラリセージ


優しく 温かみのあるグリーン系の香りです。

心を前向きにする効果があり 落ち込んで元気がないときにオススメ。

女性ホルモンの分泌を促すことでホルモンバランスを整えるため、PMSや更年期障害による各症状を和らげる効果が期待できます。

ほかにも、免疫力を上げる働きもあります。


◆ ローズ・オットー


甘く柔らかなバラの香りに包まれるため、通称エッセンシャルオイルの女王と呼ばれています。
女性の体と心に嬉しい精油。

女性ホルモンに類似した働きをする成分を配合しており、生理痛といった女性ならではの不調に効果を発揮します。
また 情緒不安定を落ち着かせ 幸福感を与える働きも。

そのほか、抗炎症、血行促進、殺菌効果など様々な作用をもっており、お肌の老化予防としてもピッタリです。


◆ ジャスミン


濃厚なフローラルの香りが特徴的です。

気分を落ち着かせ 不安を和らげてくれる働きがあります。
情緒に深く働きかけ、活力と自信を与えてくれますよ。

ほかにも ホルモンバランスを正常に整え、不調を緩和する作用も。
皮膚の炎症を抑える働きもあり 敏感肌や乾燥肌の方のスキンケアとしても オススメのオイルです。


◆ ラベンダー


フローラルの香りで、甘くすがすがしい印象を与えてくれます。

心身を落ち着かせる働きがあり リラックス効果があります。

不眠に効果的で、血圧を安定させる働きもありますよ。
また 肩こりや頭痛、腰痛、月経痛などの痛みを緩和してくれる作用も。


◆ ローズマリー


清涼感のあるクールな香りが特徴です。

記憶力や集中力を高める効果があり 目覚めがすっきりしないときに最適な香り。

血行を良くする働きがあり 肩こりや筋肉痛、冷え、むくみなどの悩みにも効果が期待できます。

ほかにも お肌を引き締める効果があり 老化防止に役立ちますよ。また、髪の成長を促す効果もあります。


◆ ペパーミント


すっきりとしたメントールの爽やかな香りです。

うつ症状を緩和したり 神経疲労を和らげたりします。
気分がスッキリすることで眠気覚ましとしても知られています。胃もたれや吐き気、食欲不振などにも効果が期待できます。

そのほか、口臭や体臭を防ぐ働きもあります。皮膚への刺激には、十分ご注意ください。


◆ フランキンセンス


お香の香りとして知られている 優しいウッディな香りです。

心を安定させ安らぎを与える働きがあります。うつ症状や不安に陥っている状態にも効果が期待できるでしょう。

風や気管支炎、喘息などの症状を緩和する働きもあります。

肌の再生を促進する効果もあり 乾燥やしわ、たるみなどのお肌トラブルを改善してくれますよ。


◆ オレンジ・スイート


柑橘系のフルーティな甘い香りが特徴。

フレッシュな印象を与え オレンジの香りが心を安定させてくれます。

また 消化器系の動きを正常に整える働きも。胃が痛い、便秘や下痢に悩んでいる という方にオススメしたい香りです。
殺菌効果があり 風邪の予防にも効果が期待できます。

女性ホルモンに♪アロマの楽しみ方

・アロマポット


電気タイプやキャンドルタイプなど様々。受け皿に水を注ぎ、アロマオイルを1~5滴ほどたらして炊きます。室内に広がる香りを愉しみましょう。


・マグカップ


アロマポットがないときは マグカップでもOK。
お湯を注ぎ アロマオイルを1~2滴ほどたらせば、自然な香りが楽しめます。

オフィスといった場所でも使えて便利ですよ♪


・ティッシュペーパーやハンカチ


就寝時にオススメしたい方法がコレ。

ラベンダーといった安眠効果があるアロマオイルを1~2滴ほどティッシュペーパーに含ませ、枕カバーの中に入れます。
もしくは、ハンカチにしみこませて持ち歩くのもいいですね。

気分転換したいときにピッタリです。


・アロマバス


浴槽にお湯をはり、2~3滴のアロマオイルをたらして全身浴や半身浴をすると効果的。

バケツや洗面器に少し熱めのお湯を注ぎ、1~3滴のアロマオイルをたらします。目を閉じて、その香りを吸い込みましょう。せき込むときは無理をせずやめたほうがベター。

足浴や手浴として使うのもオススメです♪

女性ホルモンのバランスを整えるアロマオイル まとめ

女性ホルモンにアロマオイルを利用するメリットは、就寝時や テレビを見ているときなど、普段の生活の中に取り入れやすいこと。

女性ホルモンのバランスが崩れると 心のコントロールができないことが多いので、アロマオイルの働きである リラックス効果やリフレッシュ効果を普段から取り入れましょう。

アロマテラピーのやり方としては バスタブやアロマポットなどに数滴たらし、香りを愉しむ方法とアロママッサージとして手や顔に直接つけてマッサージをする方法があります。

アロマオイルを使用する際は 純度100%のエッセンシャルオイルがオススメ。

茶色や青色などの遮光ビンに入れて保存しましょう。

自身の症状や好みに合ったオイルをみつけてくださいね。