同世代の女性と集まったとき、なんとなく相手のシワや目の下のクマ、お肌のたるみなどに目がいくこと ありませんか?

それは逆も然り。
相手も あなたのほうれい線や目じりなどに目線がいっているものです。

シワやほうれい線が目立たないように、笑うのを辞めるなんてできませんよね。

美容医療が発達した今、ヒアルロン酸注入やボトックス注射などを行えば、気になる部分はすぐに改善されますが ときどき聞こえる医療トラブルがあると、不安の気持ちが強くなります。

美しさをキープするためには、やはり 日ごろからメンテナンス、肌ケアを行うことが大切です。


先生

美しい方ほど、お肌の深い部分にまで こだわるケアを日々しているものです。
そのケアがその方 自身にもつながります。

笑顔が似合う素敵な女性になるチャンスは誰にでもあります。まずは、ご自分のシワ、しみ、たるみ、クマができる原因を知り 女性としての価値を高めていきましょう。

シワができる仕組み

顔の内部は、表情を作るために たくさんの筋肉でできています。

筋肉を動かすことで額や眉間にシワを寄せたり、ほうれい線がクッキリと浮かび上がったりするのです。

若いあいだは、筋肉の収縮に応じて表面のシワが元に戻っていました。

しかし、年齢を重ねると筋肉が元に戻った状態でも、表面の皮膚はずっと縮んだままで それが、シワとして残ってしまうのです。

皮膚が薄い目元はシワができやすい

私たちの肌を内面から支えている成分は、エラスチンとコラーゲンです。

これらの成分は、年齢を増すごとに減少してしまうことが問題で

  • ハリ肌を支えられない
  • お肌に必要な水分が保てない

などの現象が起こります。

それが、しぼみ肌となり シワが増え、ハリをなくしたお肌がたるんでくるのです。

老廃物を流すマッサージが効果的

年齢とともに問題になるのが血行不良です。

巡りが滞ると、酸素や栄養が細胞に行き渡らず、老廃物の流れが悪くなります。

体にとっても お肌にとっても 良くない状態であり

  • クマができやすい
  • ほうれい線が目立つ
  • 肌がたるむ

などの症状があらわれやすくなります。

老廃物を流すために、巡りを良くすることが重要になってきます。

お肌に良いビタミンKやビタミンEを積極的に摂取するようにしましょう。また、蒸しタオルやマッサージなどで血行を促進するケアを心がけるとよいですね。

老化が進む原因の1つは“水分量”

体の中の水分量は、年齢と共に低下していきます。
また、お肌の水分量も低くなり年齢が上がるにつれて 肌トラブルが増えてきます。

エイジング(老化)は 肌だけでなく、体の内面から 潤いが失われている課程であり、老化を予防するためには潤いを保つことが欠かせないのです。

お肌の保湿は、日ごろの食事やドリンクなどに含有される水分が リンパ液や血液を通って肌細胞に浸透することで保たれています。

肌の内面が水分で満たされ、その後に内面から外面に水分が補填され続けることで、肌全体の潤いが保たれるのです。

ですから肌の表面だけでなく、体の中からタップリと水分を補給することが重要なのです。

体の中から水分が補填されないと、肌の潤いがなくなり、湿度といった環境の乾燥や降り注ぐ紫外線の影響で 肌ダメージが受けやすくなってしまいます。

水分不足のお肌に必要なケア

水分が足りないカサカサお肌には、環境や体内の乾燥に勝つための上質な水分を十分に補給することが重要です。

お肌に水分が蓄えられると、

  • 肌の表面がうるおう
  • 肌にハリが出る
  • 肌の内面から透明感が出る
  • 肌の表面にツヤが出る

など 肌の質感まで変化があらわれます。

せっかく水分を補給するのであれば、このような変化が現れるほどタップリと水分を補ってあげましょう。

お肌が欲する水分を十分に与えることで、お肌が持っている自然治癒力をアップする効果が期待できます。

水分が不足すると肌の酸化が進みますので、お肌の内面から保湿しながら 外面からも潤いを十分に与え、若さをキープするケアを続けることがエイジングケアのポイントです。