急に噴き出す汗
言い表せない脱力感
コントロールできないイライラ・・・。

更年期になると 人それぞれ、様々な症状が表れます。

更年期障害の期間も、一人一人 違うわけで、短ければいいけど長引くかもしれない。それは後になって『自分は短かった・長かった』が分かることで 今は知る由もありません。

とにかく今、更年期の辛い症状を軽くしたい!そんな方に『ホルモン補充療法』について詳しく紹介しますので 更年期対策のひとつとして考えてみてください。

女性ホルモンを補充する HRTって何?

プレ更年期(30代後半)より急激に分泌量が減るといわれている女性ホルモン。

女性ホルモンのひとつ エストロゲンが減少することで、これまで体を守っていたものが減り、様々な不調が心身にあらわれます。

更年期に出やすい症状を改善するため、減ってしまう女性ホルモンを補って 更年期対策をしていく方法が 女性ホルモン補充療法=HRTです。

HRTは、自身の体内で生成できなくなった女性ホルモンを補うもので、

  • ほてり
  • のぼせ
  • 肌の乾燥
  • イライラ

などの症状全般に効果があります。

また、骨粗しょう症や心筋梗塞、高血圧、認知症などの予防にも効果があるといわれています。

月経が終わったら低用量ピル→HRTへ

更年期に起こりやすくなる様々な不調は、女性ホルモンを適度に補うことで 一気に改善が見込めます。

月経が続いているうちは、低用量ピルを使用し 女性ホルモンが急激に減ることを緩和させます。そして、閉経後よりHRTに変えることが一般に知られている女性ホルモン剤の使用例です。

ちなみに、閉経とは、1年以上経っても月経がこないことを指します。

日本人女性の一般的な閉経時期は50.5歳といわれています。

閉経年齢は、個人差がとても大きいため一概には言えませんが、閉経が近づくと月経周期が不規則になり、閉経したととらえてよいのか迷うときもあります。

婦人科で血液検査をしてもらい、ホルモン値やバランスを確認してもらうとよいです。

病院で受診後 ホルモン補充療法『HRT』の開始

ホルモン補充療法は、まず病院に受診する必要があります。

基本的に、血栓症に何度もかかっている方や子宮体がん、乳がんなどの病気がある方、重度の糖尿病、肝機能障害、高血圧をお持ちの方は受けられないことになっています。

病院では、まず女性ホルモンの量を血液検査によって調べます。

更年期症状を発症して、なおかつ月経が不安定になったとき、女性外来や婦人科を受診することが大切です。

自身の体を知る良い機会なので、併せて血圧、尿検査、子宮・卵巣超音波、骨量測定、乳がん検診なども行うとよいですね。

プロゲステロンとエストロゲン

ホルモン補充療法には、プロゲステロンとエストロゲンの2つがあります。

近年では、経皮吸収剤のパッチやジェルなどをメインに使用する病院があります。

エストロゲン剤は、ジェルやはり薬、飲み薬など様々な種類があり、胃腸や肝臓への負担を軽減したいならジェルや貼るタイプがオススメです。
また、肌が弱い方なら飲み薬がベター。

投薬の方法にも種類があります。

◇毎日エストロゲンを服用し、月に10日間プロゲステロンを服用する方法
◇エストロゲン・プロゲステロン両方のホルモンを毎日使う方法
◇エストロゲンだけを毎日取り入れる方法

などがあります。

まずは、自身に合ったホルモン剤を選択することが大切。
さまざまなものがあるため、自分に一番合っているタイプを選びましょう。

ホルモン補充療法を開始するか否かは、ご本人の希望をうかがい、医師が判断します。

女性ホルモン補充療法『HRT』のメリット

  • ホットフラッシュ、のぼせ、ほてりの改善
  • 頭痛、腰痛、目まいの改善
  • 皮膚の乾燥改善
  • イライラといった精神的な浮き沈みの改善
  • コレステロール値の低下
  • 動脈硬化の予防
  • 動悸が落ち着く
  • 骨粗しょう症、尿失禁の予防
  • 肌のハリを良くする
  • 肌のシワ、くすみの予防
  • 認知症予防

卵巣機能の低下を感じたら、いつでもできるHRT

更年期の症状が発症したら、どんなタイミングでもHRTを始めることが可能です。

専門科にいき、まずは相談するようにしましょう。

もし、閉経して更年期をすぎた方も萎縮性膣炎や骨粗しょう症、コレステロール値の上昇など女性ホルモンの影響を受けているなら低用量のホルモン補充療法を受けることができます。

人によって更年期症状がおきる時期が違うため、手遅れという概念はありません。

ホルモン補充療法により更年期の症状が緩和されたら、HRTの量を減らしていきましょう。
認知症や骨粗しょう症予防で受けられているなら少量ずつを長期間続けることも可能です。

自身の考え方や体に合わせて、主治医と相談のうえ上手にホルモン治療を利用してくださいね。

ホルモン補充療法『HRT』の副作用やガンのリスク

ホルモン補充療法の副作用は、胸のハリ感やおりものの量が増えるなどが主な副作用です。

しかし、安心してホルモン補充療法を行えるよう 薬も開発されており、医師の指示に従って進めれば安全に受けられる治療法です。

副作用が気になる方は、ほかの治療に変える、いったん薬の量を減らすなど工夫すると良いでしょう。

ホルモン補充療法は、ガンのリスクを高める?

ホルモン剤を使用するときに心配なことは、なんといってもガンのリスクです。

アメリカで2002年に発表された『乳がんのリスクが26%増加する』ということが原因で副作用を心配する方が多くいます。

その検査結果は、10万人のうち20人の乳がん患者が28人に増加したというものでした。対象年齢は64歳の方々で、ホルモン補充療法はガンになってしまうという考え方が根付いてしまったのです。


先生

しかし、その後の調査によると、喫煙者や肥満など もともと心筋梗塞や乳がんの危険性が高い方が多かったことがわかっています。

むしろ、調査の結果として、ホルモン補充療法を行った方のほうが、乳がん発症率が低くなっているという報告もあります。
日々の生活に支障をきたす場合は、様々な憶測を考えず医師と相談したうえで自身に合った治療を行いましょう。

ホルモン補充療法『HRT』の疑問Q&A

Q.ホルモン剤を飲み&はり忘れたらどうしたらいい?


毎日服用しているなら、1~2日のみ忘れても大丈夫。治まっていた症状が出る可能性はありますが、再び服用すれば安定してくるでしょう。また、はるタイプでも同様。思い出したときにすぐはればOKです。


Q.いったん始めると、やめたとき更年期の症状が悪化するのでは?


更年期は、女性ホルモンが急激に減少する時期。この変化により様々な不快症状があらわれています。更年期障害は、その変化に体が慣れていない初めの頃が最も強くあわわれやすいのです。数年間ホルモン剤を使用した後なら、徐々に量を減らすことで 体が慣れていきますので 更年期が悪化するわけではありません。


Q.エストロゲンだけを使い続けたいが可能?


エストロゲン剤のみを長期間使ってしまうと、子宮内膜が厚くなり、子宮体がんの危険性を高めます。
プロゲステロン剤とお使いになることをオススメします。
作用が非常に弱いエストロゲン剤のエストリールであれば、プロゲステロン剤は必要ないです。子宮内膜の厚みを主治医に確認してもらいながら、プロゲステロン剤を併用するか決めるとよいでしょう。


Q.治療を始めてから月経血のようなものがある


エストロゲン剤の作用で、子宮内膜が厚くなります。それをプロゲステロン剤がはがすことで、月経と同じ仕組みがおこります。子宮内を清潔に保つためなので、心配することはありません。