アンチエイジングをクリニックで施術する♪

アンチエイジングを目的とする美肌ケアをお考えなら、美容皮膚科や美容外科などで受けることができます。

肌の老化を改善するための治療であり、医師が行う本格的な施術のため効果が期待できることは間違いありません。

ご自身のお肌の悩みを医師と相談し、悩みにあったケアを受けましょう。

美容皮膚科・美容外科でできる施術の種類

アンチエイジングの施術といっても種類がたくさんあります。
料金や施術回数など、どんなものがあるのか参考に選んでみてはいかがでしょうか。

・ビタミンCイオン導入

微弱電流を用いてお肌にビタミンCを浸透させる美容法です。

ニキビやシミだけでなく、赤みや色素沈着といったニキビ跡、小ジワなどにも効果が期待できます。
家庭用の導入器もありますが、クリニックで受診したほうがより大きなメリットがあるでしょう。ケミカルピーリングと併せて行うと、より効果がUPしますよ。

期間:施術は2~4週間ごとに10回程度が目安。
料金:1回5000円~10000円ほどです。


・ケミカルピーリング

皮膚に酸をぬり、皮膚の表面に残る古い角質を取り除く美容法です。

肌の活性化を促し、若返り効果をもたらします。また、ニキビやシミ、陥没を含むニキビ跡、小じわなどにも効果があります。

期間:施術は3~4週間ごとに5~10回程度が目安。
料金:1回10000円~20000円ほどです。


・レチノイン酸

ビタミンAの一種であるレチノールと同じ系列の成分ですが、レチノイン酸は医薬品として認められています。そのため、より高い効果が期待されています。

コラーゲンを増加しシワを改善する働きやターンオーバーを促しメラニンを排出する働きなど、美肌ケアにうれしい効果を持つ成分です。
継続して使用すると、肌に刺激を与えやすく乾燥や赤みとなることもあります。皮膚科の医師と相談しながら治療を進めましょう。

期間:治療には6か月ほど継続する必要があります。
料金:1か月2000~5000円ほどです。


・ボツリヌス注射

ボツリヌス菌を生み出す物質を筋肉注射し、動きを止めることで表情ジワを改善する美容法です。

顔全体のシワや目じりの笑いジワ、眉間のたてジワなどが気になる方にピッタリな治療法です。近頃の治療法として、ボツリヌス菌をごくわずかな量だけ注入しお肌のハリを作る治療も行われています。

これは、ボトックスリフトやマイクロボトックスとも呼ばれています。
ボツリヌス菌を注入するときは、まず少量からはじめることがポイントです。特に眉間や額に多量を打ってしまうと、眉毛が下がるといったトラブルにつながることがあります。

少しの量からはじめ、足りないときに足りない分をプラスする形をとるとよいでしょう。

期間:効果が維持できる期間は約6か月程度。
料金:1回につき50000円ほどから受けられます。


・ヒアルロン酸注射

ゲル状になっているヒアルロン酸をお肌の真皮に直接注射し、肌にハリをもたせシワを目立たなくする美容法です。

効果は初回注入したときなら約6か月程度で、繰り返し注入することで、長くキープできるようになります。

期間:個人差はありますが、1年~2年程度効果が保てることもあります。
料金:費用は、左右のほうれい線に注射した場合1回70000円ほどから受けられます。


・カルシウムヒドロキシアパタイト

ヒアルロン酸のように、お肌の真皮に注入する美容法です。真皮にコラーゲンを増やすため、美容効果が長持ちする特性があります。

あごをとがらせ、顔をすっきりとシャープに見せるといった際にも使用される場合があります。

期間:効果は1年6か月~2年ほど継続。
料金:費用は1回100000円ほどです。


・PPP (Platelet Poor Plasma)

自身の血液より取り出したたんぱく質を皮膚に注入することで、皮膚にハリを持たせる美容法です。

ほぼ全体が?せている方や多くのフィラー(★)を要する方向けの美容法といえるでしょう。

期間:効果は4~5か月程度。
料金:費用は両ほほで1回100000円ほどから施術を受けられます。
注入量によっても施術料が異なります。

(★)フィラーとは
充填物という意味があり、皮膚に注入物を注射することで鼻を高くする、シワを改善するといった治療法を指します。
様々な注入物が生み出されており、ほとんどが時間の経過とともに体に吸収されてなくなります。

定期的に注入することが必要になるデメリットがありますが、美容手術と違い元の状態に戻すことができる安全な施術といえます。

 

アンチエイジング施術の疑問アレコレ

Q.効果がなくなったら、また注入するのですか?
A.ご自身の判断で大丈夫です

時間の経過とともに注入した注入物は体内に吸収されていきます。
一度治療をしたといっても、継続してしなければならないというわけではありません。

フィラーも同様に、ご自身がしたいかどうかで判断してよいでしょう。




Q.治療のとき、痛みやトラブルはありますか?
A.注射の痛みがあります

フィラーで施術を行う場合、すべてが注射で注入するため注射を打つ際の痛みはあります。
病院によって麻酔クリームといったものを使用し、痛みはほぼ感じないほどに緩和できますので、痛みが気になる方は受ける前に確認しておくとよいでしょう。

注射をした後は、皮下出血があり肌が青くなる場合があります。
その際は、1~2週間程度、皮下出血が治るまでコンシーラーといったメイクでカバーしましょう。

また、医師の技術が乏しい場合、稀に注入した部分がポコッと膨らんで見えるといったトラブルがあげられます。目の下といった皮膚が薄い部分に起こりやすいトラブルなので病院選びは慎重に行いましょう。




Q.注入した物が体に吸収されたら、前よりもシワが深くなると聞いたことがあるのですが…
A.注入前のお肌に戻るだけで、それが原因でシワが深くなることはありません

治療方法によりますが、シワが前よりも状態悪化することはありません。

注入前に戻ると考えて大丈夫ですが、注入物は長いものだと1~2年ほど持続するものがあります。
そのため、時間の経過とともにシワが進行している可能性はあるでしょう。

光や熱を使ったアンチエイジング法

光治療器やレーザー治療器などの機械を使って皮膚を若返らせる方法です。

メスを使わずに毛穴を目立ちにくくしたりシワを改善したりでき、そのほかにも色々な効果が期待できます。

・レーザー

光エネルギーを集めて振動を発する装置がレーザーです。
特定の波長の光を使用し、シワをとる際にはメラニン、シワの改善をする際には真皮のコラーゲンなど特定の成分に働きかけます。

アンチエイジングを目的として、顔の全体に光を当てることをレジュビネーション治療(若返り治療)と呼ばれています。小ジワやキメのくすみや乱れなどに効果的です。

しかし、ダウンタイムのない治療は、あまり強力な効果はありません。
深いシワが気になるという方では、大きな効果が出ない場合があります。深いシワやニキビ跡の陥没などの治療には、フラクショナルをオススメします。


・高周波(RF=Radio Frequency、ラジオ波)

電気エネルギーで光ではありません。肌のたるみを改善するときを中心に用いられる美容法です。

強力なものから微弱なものまで、様々な種類があり、肌の色が濃い方でも安全に治療を受けることができます。


・LED(Light EmittingDiode=発光ダイオード)

発光ダイオードが光を発し、日焼けサロンのように光を浴びる治療法です。

痛みはなく、主に3色の光で行われています。よく見かける青色はニキビ、白(クリア)色は肌のたるみ、赤色は小ジワや毛穴に効果があります。

強い治療はしたくないという方に最適な治療法で、その分効果は緩やかにあらわれることが特徴です。


・IPL (Intense Pulsed Light)

フラッシュランプとも呼ばれるハロゲン光を使用した光治療です。
レーザーを使用するよりも広い範囲の波長の光を使うため、赤みやニキビ、シワ、シミなどの色々な治療に効果があります。

近年では様々な種類のIPLが開発されており、フォトフェイシャルといったレジュビネーション治療や脱毛なども行われています。

レーザー治療よりもお肌に優しいといわれていますが、様々な症状に反応するため、肌が黒っぽい場合、やけどをするといったトラブルが起きることがあります。


・赤外線(IR=Infra Red)

温熱効果をもつ赤外線を使用し、皮膚に熱変性をおこさせます。
それを利用しコラーゲンを増やしシワやたるみなどの肌トラブルを改善する治療法です。

治療の効果は強力なものから優しいものまで幅広くあります。


・超音波

超音波を発生させることで、筋膜を焼き縮ませる治療法です。
ウルセラという機械でおこなわれ、たるみ治療器として使用されています。

痛みが強いことや1回の治療費が200000円程度と非常に高額ですが、その分 肌への効果が高いと期待されています。

超音波で筋膜を焼いて縮ませるウルセラというマシンが、たるみ治療器として登場しました。痛みが強く、一回の治療費も20万円以上と高額ですが、効果も高いといわれています。


・フラクショナル

レーザーといったエネルギーを点状にして集め皮膚の真皮にまで到達させる治療法がフラクショナルと呼ばれています。

レーザー光をはじめ、赤外線治療をフラクショナル化した機械もあります。

ニキビ跡に特化した治療に使用するために開発された治療法ですが、様々な傷跡や毛穴を小さくする、妊娠線をなくす、シワやたるみを取るなどにも効果があります。

今後も様々な治療法の開発が期待されており、成長が見込まれる新しい治療方法といえるでしょう。

クリニックでシミやホクロを取る

シミやほくろが気になる方は、そこだけにレーザーを当ててメラニン色素を焼く方法が有効です。

シミの原因に多い老人性色素班は、レーザー治療がベストといえます。
シミの治療をする際の大まかな流れをご紹介します。


1.カウンセリング


取りたいシミの大きさやシミの深さなどを調べます。レーザー治療が有効なのか、どのような種類のレーザー光が最適かなどを見極めることが大切です。シミ治療では、主にNbヤグレーザーやルビーレーザーなどが使われています。


2.クレンジング


レーザの光を当てる部分のみ、メイクや日焼け止めなどの化粧品を落とします。


3.レーザーを当てる


目を光から守るために、ゴーグルをつけて治療に臨みます。シミにレーザーを当てると、その瞬間にゴムでパチッとはじかれたような刺激を感じます。

ホクロ施術後のアフターケアはとても大事です!

1~2日で黒いかさぶたのようになります。

そのときのケアがきれいにシミを治すために重要なポイント。7日~10日程度で黒い皮がはがれるでしょう。
その間は、肌色のテープやファンデーションなどで治療跡をカバーしましょう。

また、シミの再発を防ぐためにも治療のあとから3か月ほどは日焼けしないよう注意します。

若返り治療イロイロ

・再生治療

ご自身の血液から取り出した細胞や成分を皮膚に注入する方法です。
即効性は期待できませんが、アレルギーを発症する恐れがないメリットがあります。

また、自身の細胞を培養し、それを皮膚に注入する方法や細胞を冷凍保存し必要なときに注入する方法などもあります。

たとえば、PRP療法という自身の血液から血小板を取り出し、皮膚に注入する方法があります。

効果には個人差があるため
「数回受けたがほとんど変わらない」「膨らみ過ぎてボコボコになった」
などの意見があります。

医師の技術が十分に備わっているか、信頼できる病院かなども併せて検討するとよいでしょう。


・エレクトロポレーション(電子穿孔理論) 
  .
特別な電子パルスを用いて肌の深層へ様々な物質を浸透させることができる方法です。

イオン導入と似た治療法ですが、それよりももっと深い部分に大量の成分を浸透させることができます。
イオン導入では不可能だったヒアルロン酸やコラーゲンも浸透させることが可能です。ですが、自身の体にあるコラーゲンやヒアルロン酸とは違うため、定着することはありません。

エレクトロポレーションでは、シワが”消える”という程度の治療はできません。
しかし、ビタミン各種や細胞増殖因子、美白成分などの色々な物質を浸透させることが可能です。

その成分の働きによりシワやシミを改善する、脂肪を減らすなどの効果が期待でき、これからもその可能性に期待が高まっています。

美容外科でアンチエイジングのまとめ

どの治療法もご自身の肌やご予算に見合ったものを選びましょう。


先生

インターネットの情報にまどわされることなく、実際に病院やクリニックに行き相談や説明を十分に受けてから検討するとよいでしょう。

ダウンタイムがある美容治療は効果が高いものが多いのですが、顔がはれたりかさぶたができたりすることで、仕事に支障をきたす場合があります。

治療の内容や予算以外にも、日程の調整といった細かい点にも注意しましょう。

スポンサーリンク